DVD映画ラベル製作所

DVD用の映画ラベルを作っています。
DVD映画ラベル製作所 TOP  > 

【No.428】 武器よさらば(その5)

映画「武器よさらば」(その5)です。


[ 2017/05/02 05:13 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.427】 武器よさらば(その4)

映画「武器よさらば」(その4)です。


[ 2017/05/01 08:58 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.426】 武器よさらば(その3)

映画「武器よさらば」(その3)です。


[ 2017/04/30 08:40 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.425】 武器よさらば(その2)

映画「武器よさらば」(その2)です。


[ 2017/04/29 08:37 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.424】 武器よさらば(A Farewell to Arms )

映画「武器よさらば」(A Farewell to Arms )は1957年のアメリカ映画です。第一次世界大戦中、イタリア軍に志願したアメリカ人フレデリック・ヘンリー(ゲイリー・クーパー)にとってイタリア軍は理想とはかけ離れていた現実でした。戦場で看護婦キャサリン・バークレイ(ヘレン・ヘイズ)と出会います。やがてキャサリンの妊娠が分かり、二人はスイスへと逃亡しますが、難産の末、子と共にキャサリンは死んでしまい、雨の中をフレデリックは一人寂しく立ち去ってゆきます。ヘミングウェイの原作を元に、戦争の矛盾を描いた反戦映画です。


[ 2017/04/28 09:11 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.423】 三人の狙撃者(その6)

映画「三人の狙撃者」(その6)です。


[ 2017/04/27 05:30 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.422】 三人の狙撃者(その5)

映画「三人の狙撃者」(その5)です。


[ 2017/04/26 08:52 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.421】 三人の狙撃者(その4)

映画「三人の狙撃者」(その4)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/


[ 2017/04/25 04:36 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.420】 三人の狙撃者(その3)

映画「三人の狙撃者」(その3)です。


[ 2017/04/24 08:46 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.419】 三人の狙撃者(その2)

映画「三人の狙撃者」(その2)です。


[ 2017/04/23 08:50 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.418】 三人の狙撃者(Suddenly)

映画「三人の狙撃者」(Suddenly)は、1954年のアメリカ映画です。1950年代のある日、アメリカ合衆国大統領が休暇を利用してカリフォルニア州の田舎町サドンリー(Suddenly)を訪問する事になります。サドンリーの地元警察やシークレットサービスが警備体制を整える中、元シークレットサービスのポップ、その息子の妻エレン、孫ピッジが暮らすベンソン家へ3人の男達が現れます。彼らは連邦捜査局(FBI)を名乗り、この家が駅を見下ろす丘の上にあるため、保安上の理由から監視が必要だと説明しますが、実は彼らこそが大統領暗殺を狙う暗殺者だったのです。家を占拠した男たちは、窓に狙撃銃を据え付けて大統領を待ち構えます。


[ 2017/04/22 08:34 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.417】 ガス燈(その4)

映画「ガス燈」(その4)です。


[ 2017/04/21 08:26 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.416】 ガス燈(その3)

映画「ガス燈」(その3)です。


[ 2017/04/20 08:07 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.415】 ガス燈(その2)

映画「ガス燈」(その2)です。


[ 2017/04/19 08:52 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.414】 ガス燈

映画「ガス燈」には1940年の英国版と1944年の米国版があり、イングリッド・バーグマンがアカデミー主演女優賞を受賞したのは米国版です。ロンドンのソーントン街にガス燈の灯る頃、この町を後にしイタリア留学に向かう主人公のポーラ(バーグマン)ですが、彼女の叔母は何者かに殺され、事件は未解決でした。彼女は新天地で恋をし、作曲家のグレゴリー(シャルル・ボワイエ)と結婚します。彼は彼女の育った家に関心を持ち、そこで暮らしてみたいと言うので、ポーラもロンドンで再び生活を始めますが、夫に「物忘れや盗癖が目立つ」と指摘され、自分がおかしくなったのだと思い込み、不安に苛まれるようになっていくというサスペンスです。


[ 2017/04/18 06:35 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.413】 巨大蟻の帝国(その5)

映画「巨大蟻の帝国」(その5)です。


[ 2017/04/17 08:48 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.412】 巨大蟻の帝国(その4)

映画「巨大蟻の帝国」(その4)です。


[ 2017/04/16 08:55 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.411】 巨大蟻の帝国(その3)

映画「巨大蟻の帝国」(その3)です。


[ 2017/04/16 08:54 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.410】 巨大蟻の帝国(その2)

映画「巨大蟻の帝国」(その2)です。


[ 2017/04/14 08:41 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)

【No.409】 巨大蟻の帝国(Empire of the Ants)

映画「巨大蟻の帝国」(Empire of the Ants)は、H.G.ウェルズ原作のSF小説を映画化した作品です。フロリダ南部の『ドリーム・ランド』に1隻の海軍艦艇が停船し、その乗組員がドラム缶を海に多量に投棄しました。ドラム缶の中身は核廃棄物で、ドラム缶の1つが海岸に打ち上げられ、核廃棄物が流れ出してしまいます。その銀色の液に蟻が群がっていました。不動産会社はただ同然の『ドリーム・ランド』を別荘地として売りつけようとしていたところ、客たちは巨大な蟻に襲われます。


[ 2017/04/13 05:52 ] 洋画 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

小太郎山

Author:小太郎山
50代の映画ファンです。手持ちの映画DVDのラベルを作っています。

QRコード

  

QR

  

記事カテゴリー ツリー化
MasterCategory
リンク集

国鉄標準型時計


⇒管理画面








四柱推命カレンダー


お茶どうぞブログパーツ
NHKを受信しない!


amazonベストセラー






楽天市場